【市松地桐唐草 無紋 】畳袈裟 再入荷のお知らせ

  • 2018.01.15 Monday
  • 16:56

いつも京都仏具法衣店をご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本願寺第八世御門主の蓮如上人が着用されていた「雪の下織り」という五条袈裟の柄を畳袈裟サイズの柄に変更しました畳袈裟です。
お問い合わせ頂きましてありがとうございました。
再入荷いたしましたのでご案内させていただきます。


古来より続く伝統的な模様の桐唐草(きりからくさ)ですが市松の地模様が重なり合った現代の感覚とはまた違った大変すばらしい意匠になっております。この「雪の下織り(ゆきのしたおり)」という名称ですが、豊臣秀吉による桐紋使用禁止令の対抗策として桐という文言は使用せずそのような名称がつけられたと伝えられています。
商品掲載ページは▼


京都仏具法衣店 twitter → @kbh_kyoto

阿育苑(あそかえん)株式会社川勝 twitte → @asokaen
 

京都仏具法衣店運営会社 株式会社川勝ではご寺院様用御仏具のご修理・ご新調のご提案もさせていただいております。

お問い合わせ▼

阿育苑(あそかえん) 株式会社 川勝 担当:川勝までよろしくお願い致します。


 

浄土真宗専門通販サイト→ 京都仏具法衣店
京都仏具法衣店facebookページ 

京都仏具法衣店instagram

株式会社 川勝 instagram
京都仏具法衣店実店舗→阿育苑HP
阿育苑facebookページ

コメント
コメントする